日米ハーフ女優 キミコ・グレン が大好きなので徹底的に紹介する

日米ハーフ女優のキミコグレンさんがかわいすぎて大好きなので徹底的に紹介したいと思います!

 

View this post on Instagram

 

Kimiko Glennさん(@ohlittleasianone)がシェアした投稿

 

プロフィール

フルネーム: Kimiko Elizabeth Glenn

誕生日: 1989年6月27日

出身地: アメリカ アリゾナ州

職業: 女優、歌手

代表作: Netflix オレンジ・イズ・ザ・ニュー・ブラック、ブロードウェイミュージカル Waitress

ドイツ系のお父さんと日本人のお母さんの間に生まれた日米ハーフの女優さんです。

↓ お母様そっくりですね!!

 

View this post on Instagram

 

Kimiko Glennさん(@ohlittleasianone)がシェアした投稿

 

代表作

① Netflix “Orange is the New Black”

 

View this post on Instagram

 

Kimiko Glennさん(@ohlittleasianone)がシェアした投稿

これはもう日本でもかなり有名ですね。キミコさんを知ったのがこのドラマという方がほとんどだと思います。

演じる役柄はブルック・ソーソーというアジア系受刑者。日本人とスコットランド系のハーフという設定です。おしゃべりで周囲に本気でうざがられるのですが、けっこうおいしい役です。

劇中のセリフで「一滴でもアジア系の血が入ってたらアジア人とみなされるんだ」みたいなセリフがあるのですが、きアジア人とハーフやらクォーターの方々の心の叫びをソーソーが代弁しているのではないかと思えてとても印象的でした。実際、刑務所で同室の中国系のチャンには「あんたはスコットランド系だ」と言われ、非アジア人受刑者たちには「アジア人」と呼ばれていました。日米ハーフでどちらの国に行っても周囲に「自分たちとは違う」と扱われることに対する痛烈な台詞ですね。

 

ちなみに劇中で、色んな人種の受刑者からかわいいとコメントされていたのでキミコさんのかわいさは人種の壁を越えて万人に受け入れられるのだなと思いました(笑)

 

 

② ブローウェイミュージカル Waitress (ウェイトレス)

私がキミコさんを知ったのはこのウェイトレスというミュージカルでした!これがめちゃくちゃすごいです!!

 

View this post on Instagram

 

Waitress Musicalさん(@waitressmusical)がシェアした投稿

2007年リリースの同名の映画を元に作られたミュージカルで、劇中の音楽はすべて歌手の Sara Beth Bareilles (サラ・バレリス、Love Songという曲が超有名)によって提供されています。トニー賞は4部門でノミネートされた人気ミュージカルです。

キミコさんが演じていたのはDawnというキャラクターで、メインキャラクターの一人です。ちょっと臆病でテンパると突っ走っちゃう感じのウェイトレスさん。主人公と同じお店で働いています。

ブロードウェイミュージカルでオリジナルキャストに抜擢されるのは本当にすごいことです。

 

View this post on Instagram

 

Waitress Musicalさん(@waitressmusical)がシェアした投稿

 

ウェイトレスのオリジナルサウンドトラックにももちろんオリジナルキャストとして参加されています。特に大好きなのがDawnのソロ曲 “When He Sees Me”です。

こんな華奢な身体のどこからこんな力強くて美しい声が出てくるのでしょうか?!音域も広く、ユーモア溢れる歌と演技、素晴らしいです!!

 

2016年が初演で、もう今はもうキミコさんは出演されていません。

 

View this post on Instagram

 

Waitress Musicalさん(@waitressmusical)がシェアした投稿

 

③ YouTube Red “Liza on Demand”

YouTubeオリジナルのドラマにも出演されています!

詳細はこちらの記事に書きました→YouTube Red Originals ライザ・オン・デマンド 第一話まとめ

 

View this post on Instagram

 

Kimiko Glennさん(@ohlittleasianone)がシェアした投稿

 

プライベート&過去

Sean Grandilloという俳優さんと交際中です!今年のお正月はお母様とSeanさんと日本を旅行されてました!

 

ちなみに、これはプライベートでもなんでもないですが幼少の頃からミュージカルに出演されています。

こちらは2010年の”Freckleface Strawberry”というミュージカル。

 

こちらは17歳の頃のパフォーマンス “Taylor The Latte Boy”

シアターでキャリアを積み上げていったイメージがあるので、私の中ではミュージカル女優さんと認識しています!が、オレンジイズニューブラックで姿をたくさん見れるのもとても嬉しいです。

🙂

 

こちらの記事もおすすめ

アメリカに帰国した元少女時代ティファニーの現在

YouTuber? 女優?日本人なの?アンナ・アカナとは

Netflix 「欲望は止まらない!」に出演中のアジア系女優 アイリーン・チョイとは?

アジア系アメリカ人の若者文化 AZN PRIDEって知ってる?

Victoria’s Secret 人気低迷 Aerieの斬新なブランド戦略とは