【20代女性 転職体験談】新卒入社から勤続2年目で転職成功した話

こんにちは〜

今日はずっと書いてみたかった真面目な話です…テーマはずばり転職

 

私いま28歳なんですけど、ちょうどこの頃って大学卒業して就職して、頑張って働いて仕事にも慣れてきて、さぁこの先どうしようかな〜と悩む時期だと思うんです。(同年代の方で、今の仕事が理想の仕事だし、そんなこと考えたこともないという方、それは本当に素晴らしいことです!)

 

「石の上にも三年」という格言がありますが、私はその三年待たずして、新卒入社で入った会社をわずか2年弱で辞め、転職をしました。

 

日本社会の鉄の掟「まずは3年」を破り、破天荒に転職したわけですが、転職した当時は周囲から賛否両論がありました。ただ「転職してよかった」と思えるかどうかは他人にどう言われようと、自分がそう思えるかどうかなんです。

そして、私はいま転職して本当によかったと思っているので、今回はその時の経験を書きたいと思います〜

 

勤続3年以下での転職は現実問題、可能なのか?

答えはyesです。というか、不可能ではありません、というのが正しい答えです。

私が実際にとったステップを追いながら、色々解説していきます

① 転職サイトに登録

まず最初は「物は試しだ」と思って転職サイトに登録したのがすべての始まりでした。

登録すると、登録情報に基づいたおすすめ求人が自動的にピックアップされ、毎日大量に求人がメールで送られてきます。それが煩わしくて嫌だと言う人がよくいますが、求人情報に目を通さないと何も始まらないので、少しでも転職してみたいという気持ちがある方は、まず登録してみましょう。

また、登録して早々に担当してくれるリクルーターの方との面接があるので、それもひとまず行きましょう。平日夜遅く、土日も予約できるので働きながらでも行けます!

面接といっても仰々しいものではなく、リクルーターの方との顔合わせというイメージです。

新卒入社で勤続年数が短いが大丈夫か?などと色々な相談に乗ってくれますし、勤務地、年収、職種….いろいろな希望を聞かれるので、せっかく転職しようと考えているのですからここのビジョンはしっかりと持ってリクルーターさんに説明しましょう。

ちなみに私は、勤務地や勤務時間、待遇など多くの面で満足しているが、職務内容が自分のスキルや得意分野を十分に発揮できるものではないので、もっとチャレンジできる企業、職種に転職したいという希望を伝えました。

リクルーターさんは、新卒入社から3年経っていないとどうしても紹介できる求人の数は減るが、なくはないのでこちらも粘り強く色々探します、と言ってくれました。

 

ちなみに私が登録したのはこの2社。

リクルートキャリア

JAC Recruitment

まず大手のリクルートと、外資系に力を入れていそうなJACに登録してみました。尚、あくまで私のケースですが、JACは序盤から勤続年数が少なすぎるということで転職よりも今の会社で職種を変えるように薦められました。ただ、私の中では社内で職種を変えても自分の希望は適えられないとはっきり分かっていたので、リクルートキャリアで転職活動を進めることにしました。

 

 

② 個別で求人紹介してもらった

求人登録してから1ヶ月ほど経ったころ、リクルーターの方から電話をもらいました。

「経験不問、第二新卒枠で○○社が求人を公開したのですが興味ありませんか?」

私としてはとても興味のある業界だったので即応募を決意しました。ただ、第二新卒枠なので職種の指定は不可。もしやりたくない職種で内定がきたら、蹴ればいいくらいの気持ちで応募しました。

特別な経験も能力もないのに、なぜ個別で求人紹介してもらえたのか?ですが、逆に新卒入社から勤続3年以内で転職する人が珍しいのに加え、前職が自動車メーカーだったので印象が強かったようで、リクルーターさんもすぐ思い出して声をかけてくれたみたいです。

 

③ 書類通過して面接開始

履歴書と適性検査を受けて、一時面接の案内をもらい、ここから地獄の面接5連発でした。ここが、転職で最もネックになるポイントです。面接の日程調整は本当に難しいからです。

特に、最終面接に近づくたびに、面接官の職位も上がっていき、こちらの希望を聞いてもらいにくくなるためです。

お勤めの会社の風土によると思いますが、私は前職スーパーホワイトな職場だったので、有給・フレックスを駆使し、平日に5回面接に行きました。現職が超絶ブラックな場合、仕事を辞めてから転職活動をすることも視野に入れる必要があると思います。

ちなみに一次面接はグループワークで、本当に学生の頃の就活ぶりにグループワークを監視され、評価されるという経験をしました(笑)第二新卒枠ということでどういう人が応募していたのか気になりましたが、ほとんどが転職希望組で、少しだけ現役就活生がいました。なので第二新卒枠だからといって応募をやめてしまうのはもったいないかもしれません。

尚、職種は3次面接のときに発覚しました。ラッキーにも興味ある職種だったのでそのまま最終選考まで進みました。

 

④ 内定!!→入社時期、待遇の交渉

5回目の面接でその場で内定をもらいました。ここからが大変です。

・現職の会社での退職時期の交渉、業務引継ぎ

・転職先の会社と入社時期、給与、家賃補助、などなど

の交渉を同時進行で行わないといけないからです。

 

特に退職の交渉はつらいものがあります。大学を出て何も知らなかった自分を一から育ててくれた人たちに、いきなり辞めますというのですから…私はあっさり当時の上司に「そうなんだ、がんばって」と開放されましたが(笑)中には本当に必死に引きとめに入るところもあるようです。ただせっかく内定をもらったのですから、転職を決意したあの時の気持ちを思い出して、断固とした強い意志を持ちましょう。

 

ほかにアドバイスできることは…

・転職先を言わないほうがいいこともある(特に同業の場合、転職先に悪い噂を吹き込まれたりすることがあるようです)

・転職したらボーナスは一からになるので、できれば現職のボーナスはもらってから辞めましょう(笑)

・勤続2年目だと退職金はでない(会社によると思いますが私の場合はゼロでした)が、確定拠出年金は移管できる

 

⑤ 晴れて転職!その後は…

まず覚悟したほうがいいのは、転職って孤独です。新しい場所で、同期もほとんどいない、新卒のときのように助けてくれる人もいない、それが普通です。それでもやっていくという強い意志が必要だと思います。

また、社内の実態は、入社してみないとわからないので、理想と現実の乖離は少なからずあります。それに打ちひしがれないように、希望を膨らませすぎないようにするのも大切です。「こんな場所だって知らなかった。。」ということが私も何度もありました。

私は職種を変えたのでゼロスタートで、第二新卒といえど一応転職組なので、やはり色々苦労しました。それでも今、転職してよかったと思えているのは、転職を決意したとき、こうなりたい・これがしたいと思っていたことが実現できているからです。

12時間働く日もあるし、海外出張に一人でがんがん行ったり、わりと激務でストレスも多いですが、overall, 結果として、転職してよかったです。もし転職したいけどまだ経験も浅いし…と躊躇している方がいれば、まずは行動してみるだけでも、もしかしたらそれが充実した未来への入り口になったりするかもしれませんので、ぜひ諦めないでチャレンジしてほしいです!

 

ではでは~~~仕事がんばりましょう!

 

こちらの記事もおすすめ↓

真剣な出会いがあったのでおススメする外国人利用者多数のマッチングアプリ

秋メイクHUDA Beauty Mauve Obsessions アイシャドウ

泊まらなくてもOK ラスベガス インスタ映えホテル3選

【サプリ大国アメリカ】忙しいあたなにおすすめTrader Joe’s サプリメント

【メイクの新習慣 セッティングスプレー】 ローズウォーターがおすすめ