【ひじきまつ毛、ダメゼッタイ!】自まつ毛ふさふさメイクのコツ

今日は私が高校生の頃から最もこだわりを持ってメイクしている まつ毛  について語ります。まつ毛だけが昔から唯一褒められるポイントでもあるので(笑)書いてみます~~

 

まず、10代の頃からまつ毛に関してモットーにしていることが3つあって

①ひじきみたいなまつ毛にはしない

②パーティーなどよっぽど特別なシーン以外つけまつ毛はしない

③まつげエクステはしない
(個人的に伏し目がちの時に絶対わかるあの不自然な感じが苦手なので。。)

 

そしてこちらが私のまつ毛ビフォーアフター

左がまつ毛メイク前、右がメイク後。下まつ毛は何もしていません。

メイクしていないとまつ毛は下向きで、まぶたに隠れてかなり短く見えます。が!メイク後はカールがくるんと上向きで、まつ毛一本一本の存在感も際立っており、目全体がぱっちりします!

 

これを作るにあたり、何ら特別なことはしておらず、下のポイントをおさえるだけで実現します!

 

1. 自分に合うビューラーを見つける

ビューラーは高ければいいというものではありません。色々なビューラーを試して、たとえば「日本人の目のカーブに合う」と好評の資生堂のビューラーも私には合いませんでした。

そして愛用しているのは、10年前にマレーシアで買った、日本円で100円のビューラーです(笑)

よく見るとわかるんですが、真ん中のバネがちぎれています(笑)それでもずっと10年間大切に使い続けています。もうどこにも売ってないと思うんですけどね。。。もうこれじゃないとだめなんです。

まあ、何が言いたいのかというと、東南アジアの名も知れぬ店で買ったビューラーが最高に自分の目の形に合っていたので、自分に合うビューラーはもしかすると100円ショップのものかもしれないし、アナスイのやつかもしれないんです!ブランド名や価格にとらわれず、自分の目にあったビューラーを探してみることを強くおすすめします!

 

2. ヒロインメイクの旧バージョンマスカラが最強

このマスカラもかれこれ10年近く愛用してるんですが(お湯落ちタイプではなく、ウォータープルーフのやつです)、このマスカラは絶対に落ちないし、マスカラの重みでせっかくカールしたまつ毛が下がってしまったりすることが特にフィルムタイプのものではよく起こるんですけど、これはそれも絶対にそんな事態は起きません!

しかも、ブラシが細いので日本人の目に最適の設計になっています!アメリカでToo Facedの “Better Than Sex Mascara”とか試したんですけど、あれはブラシが図太くて、まさにアメリカ人向け。。マスカラをつけたい場所以外にも意図せずマスカラがついてしまったりするんですよね。。ヒロインメイクはブラシが細いので狙った場所に確実にマスカラを塗ることができます!

1,080円(リンクをクリックすると商品ページに飛べます)

 

朝から晩まで、仕事しても海外出張行っても一日買い物しててもこのまつ毛のカールとボリュームはキープしています!自分の合ったビューラーとヒロインメイクのマスカラ、おすすめです!

 

こちらの記事もおすすめ

超おすすめアメリカコスメ通販 Beautylishを使ってみた

Colourpop歴3年の私が全カラポコレクションを晒す

アメリカでTargetに行ったらメイクブラシがおすすめ

読んでよかったアラサー女性におすすめの自己啓発本

【お土産にも】Trader Joe’s おすすめコスメ2018

本当に出会えたのでおすすめ、外国人利用者多数のマッチングアプリ