1日12時間働くOLが考えた毛穴落ち対策(夏編)

いきなりですけどファンデーションの毛穴落ちって困りませんか?モデル並みの完璧な肌を持っている方以外は一度は悩むと思うんですけど

私はひどい時は朝7:30からアメリカと、夕方から夜はヨーロッパとテレビ会議するため1日12時間以上会社にいることもざらで(社畜)、肌レベルも下手すると平均以下なので、一日放置するとベースメイクが剥げてます。。

まぁ12時間会社にいたらもう家帰って寝るだけなので、社内でファンデーションが溶けてようが剥げてようが、もう気にしないんですが

仕事の後に楽しい予定がある場合。。会社の化粧室で鏡を見て、ファンデーションの崩れと毛穴落ちにいつも愕然としてました。しかもリタッチしても一度毛穴に落ちたメイクは落ちたままでもう手出しできないんですよね。丸ごとクレンジングして、一からベースメイクする時間もない。。

私なりに真面目に対策を考えてみたところ、ただ肌にのせるもの・のせかたを変えるだけで劇的に毛穴落ちが改善したので以下に紹介します!

 

 

いつも使うのはこの3つです

左: Lancome UV Expert BB Complete 1

右上: Laura Mercier Translucent powder

右下: IOPEクッションファンデーションカバー #2

Maki 🦋さん(@wedspink)がシェアした投稿

 

 

 1. 液体ファンデーションは使わない

私は自分の肌にコンプレックスありまくりで、以前はファンデを使わないなんて考えられませんでした。しかし、隠せば隠そうとするほどファンデは厚くなり、厚ければ厚いほど、毛穴に落ちるファンデは増えます。

逆転の発想で液体ファンデーションを封印し、かわりに色づきの日焼け止め入り下地を使っています。上の写真にあるランコムの日焼け止めBBクリームです。灰色みたいな色でびっくりするんですが、肌に乗せるときれいになります。最低限の赤みや毛穴をカバーする力はあります。

 

2. パウダーは崩れてほしくないエリアだけにのせる

私はおでこ、鼻と鼻の周り、顎にだけ、下地の上にパウダーをのせています。パウダーも最小限にしておくことで、毛穴に落ちるメイクの量を減らしておきます。

私が使っているのはLaura Mercierのトランスルーセントパウダーで、粉がとにかく細かくて軽く、肌に負担がない使用感が気に入っています。

 

3. 化粧直しは昼と夜の2回

これは単純に仕事でこまめなリタッチができないだけなんですが、この2回がキモです!

<昼>ティッシュで肌を優しくおさえるように余計な皮脂と浮いたメイクを吸い取ります。あぶらとり紙は肌が必要とする皮脂までとっちゃうとどこかで読んだのでティッシュ使ってますが、気にならないのならお好みでいいと思います。

昼はささっと、このティッシュオフした肌にパウダーをのせるだけでとどめておきましょう。

<夜>夜というか、仕事が終わる夕方ですね。まずは昼と同じようにティッシュオフ。からの、ここでクッションファンデをまんべんなく、うすーく密着させます。ここでクッションファンデを使うのは、手を汚さずに液体ファンデを使えるからなので、他にお好みのファンデがあったらそれを使ってください。その後パウダーをお好みでのせます。

ただ、夜の用事がめちゃくちゃ大事な場合は。。ここで化粧落としシートを使って、朝から薄めで保ってきた顔の表面を一旦きれいにしてから、ファンデで一から土台を作ります。ここでもやっぱりオールインワンのクッションファンデが重宝します!

私がここで使っているのがIOPEのクッションファンデです。韓国のクッションファンデ界では有名すぎる代物ですね。注意しないと厚塗りになりますが、一日働いて疲れた肌にうるおいを与えながら密着してくれるのでこのタイミングのお直しにもってこいです!

 

以上なんですけど、以前の私は下地とパウダーだけで外に出るなんて全く考えられない厚塗り女でした。でも最近になって、毛穴落ちした状況で人に会ったりする方が、薄化粧よりよっぽど嫌になり、今では下地+パウダーでも自分の肌けっこう大丈夫かも、とまで思えるようになりました。

 

お肌は千差万別、人それぞれなのでこの方法が一概に良いとは言えないとは思いますが、参考になれば嬉しいです!