【ネタバレなし】ル・ポールのドラァグレースに出演したアジア系クイーン達を一挙紹介!

Cover Photo by Brian Kyed on Unsplash (カバー写真はイメージです。)

Netflixで「ル・ポールのドラァグレース」を一気に観ました。全13シリーズもある人気番組です!

ドラァグクイーンとは…「女性の姿で行うパフォーマンスの一種。纏った衣装の裾を引き摺る(drag)ことからこう呼ばれる(Wikipediaより)」

ドラァグ界のゴッドマザーとも称される、超大物ル・ポールが、アメリカナンバーワンのドラァグスーパースターを決めるという、出演者が毎エピソードで課題に挑戦し、毎回誰かが脱落していくリアリティーショーです。めちゃくちゃ面白くて、ハマっちゃいました。出演したクイーン達の生い立ちや、ゲイやドラァグなど他人と違うため苦しんだ経験を経て力強く生きている姿を見ると勇気をもらえますし、みんなメイクの技術がすごすぎて、そういった面でも楽しめます!

今回この記事では、ル・ポールのドラァグレースに出演したアジア系クイーン達のプロフィールとインスタグラムをご紹介していきます。尚、ネタバレ防止のためにレースの順位には触れないでおきます。


オンジャイナ – Ongina(シーズン1)

本名:Ryan Ong Palao
誕生日:1982年1月6日
出身地:Seattle, WA, USA
エスニシティー:フィリピン系

記念すべき第1シーズンに出演したオンジャイナ。放映は2009年。小柄で、ウィッグを付けないスタイルが特徴的でした。


ジュジュビー – Jujubee (シーズン2)

本名:Airline Inthyrath
誕生日:1984年6月21日
出身地:Boston, MA, USA
エスニシティー:ラオス系

シーズン2に出演したジュジュビー。ラオス系のアメリカ人。シーズン11に出演したプラスティークはジュジュビーを見てドラァグレースを志したとどこかのインタビューで言っていました。初期のシーズンに出演したクイーン達はレジェンドです。


マニラ・ルゾン – Manila Luzon (シーズン3)

本名:Karl Philip Michael Westerberg
誕生日:1981年8月10日
出身地:Cottage Grove, MN, USA
エスニシティー:フィリピン、ドイツ、スウェーデン系

ドラァグしてない姿はかっこいいお兄さんという感じなのに、基本的に天然なのが面白いです。なんでもマルチにこなす才能も持っていますし、一番好きなクイーンかもしれない!


ジグリー・カリエンテ – Jiggly Caliente (シーズン4)

本名:Bianca Castro
誕生日:1981年11月29日
出身地:フィリピン生まれ、New York City, USAで活動
エスニシティー:フィリピン系

ドラァグネームのジグリーはポケモンのプリンの英語名「ジグリーパフ」から来ているそうで、ジグリーと「ホット・熱い」という意味のスペイン語の「カリエンテ」を合わせたそうです。


フィフィ・オハラ – Phi Phi O’hara (シーズン4)

本名:Jaremi Lee Carey
誕生日:1985年10月10日
出身地:San Antonio, TX, USA
エスニシティー:フィリピン系、ポルトガル系

現在はフィフィ・オハラではなく、本名のJaremi Careyとして活動しています。


ジア・ガン – Gia Gunn (シーズン6)

本名:Gia Ketaro Ichikawa
誕生日:1990年5月10日
出身地:Carpentersville, IL, USA
エスニシティー:日系

今のところ全シーズンで唯一の日系アメリカ人のクイーンです。幼少期に歌舞伎を習っていたため、歌舞伎で女形を演じた経験がドラァグに活かされているそうです。下に日本語で挨拶しているYouTubeのビデオを貼りましたが、上手!


キム・チー – Kim Chi (シーズン8)

本名:Sang-Young Shin
誕生日:1987年8月8日
出身地:Chicago, IL, USA
エスニシティー:韓国系

ドラァグレースに参加する前からその奇抜なスタイルでインスタグラムでかなり有名だったキム・チー。衣装やメイクなどのスタイルにおけるクリエイティビティーとオリジナリティーが群を抜いています。一時期韓国にも住んでいたことがあるそうです。


キモラ・ブラック – Kimora Blac (シーズン9)

本名:Von Nguyen
誕生日:1988年12月15日
出身地:Las Vegas, NV, USA
エスニシティー:ベトナム系

強豪ぞろいかつドラマたっぷりシーズン9に出演。


ユフア・ハマサキ – Yuhua Hamasaki (シーズン10)

本名:Yuhua Ou
誕生日:1990年3月1日
出身地:中国 広州
エスニシティー:中国系

ユフアは東アジアを全面に出したスタイルが多かったのが印象的でした。ハマサキなので、日本人?と他の共演者達に尋ねられた時の微妙な空気がなんとも言えなかったです(笑)


プラスティーク・ティアラ – Plastique Tiara (シーズン11)

本名:Duc Tran Nguyen
誕生日:1997年4月11日
出身地:ベトナム ホーチミン
エスニシティー:ベトナム系

プラスティークはもう美しすぎて!ドラァグ姿も美しすぎるのですが、ドラァグしてない姿はKPOPアイドルかと思いました。ぜひインスタをチェックしてみてください。アリエル姿も神々しい…


ソジュ – Soju (シーズン11)

本名:Tony Hyunsoo Ha
誕生日:1991年5月8日
出身地:韓国で生まれ、アメリカのシカゴで育つ
エスニシティー:韓国系

シーズン11にはアジア系クイーンが二人もいたんです。この記事を書くまで気づかなかったのですが、当時18歳の男性に性的なハラスメントをしたことが発覚したそうで、Twitterアカウントは削除され、インスタグラムも鍵がかかり投稿が閲覧できなくなっています。ここにはドラァグレース公式アカウントの投稿を貼り付けます。ハラスメントの告発文が掲載されているツイートも貼っておきます。


ロック・M・サクラ – Rock M Sakura (シーズン12)

本名:Bryan Steven Bradford
誕生日:1990年10月15日
出身地:Sunnyvale, CA, USA
エスニシティー:フィリピン系・ベトナム系

アニメの影響を色濃く受けたドラァグが特徴のサクラ!歴代の出演者達も、LAやニューヨークで活動するクイーンが多いのですが、サンフランシスコは珍しいですね。


ジャッキー・コックス – Jackie Cox (シーズン12)

本名:Darius Rose
誕生日:1985年4月10日
出身地:Halifax, NS, Canada
エスニシティー:ペルシャ系カナダ人

親の世代がイランからカナダへ移住したそう。イランは西アジアに位置しますのでジャッキーもご紹介!中東の文化に対する姿勢が感動的でした。。。泣


カモラ・ホール – Khamora Hall(シーズン13)

本名:Paul Tran
誕生日:1991年9月13日
出身地:Chicago, IL, USA
エスニシティー:ベトナム系

とにかくファッション性が高く、美しいと共演者からも評判のカモラ。シカゴ出身のベトナム系アメリカ人で、シーズン13唯一のアジア系キャストです。


ル・ポールのドラァグレースという番組は、過去のシーズンでの出来事や出演者に関する言及がかなり多いため、完全に楽しむにはやはり古いシーズンも全てチェックすることが重要になってきます。

ちなみに私の推しクイーンは、マニラ・ルゾンですね。ドラァグしてないときのかっこいいアジアのお兄さん的なギャップがすごいのと、とにかくクイーンとしてなんでもこなす多才さがすごいです!

アジア系に限らずだと、ビアンカ・デル・リオ、ミス・バンジー、ニナ・ウェストも好きです・ビアンカはもうレベル違いすぎる頭の回転の早さとウィットに富んだ発言がすごい。ミス・バンジーはあのガラガラ声で、息をつく間もないような早口で面白いこと連発するので面白すぎて大好き。ニナ・ウェストは見るからにいい人っぽいしAOCもめちゃ応援していたしということでいいなーって思ってます!

ドラァグレースの他にも、オールスターズやセレブリティー・ドラァグ・レースなど派生シリーズもたくさんあるので何度も楽しめるル・ポールのドラァグレース、おすすめです!