ラッシュ カカ ブラン で染めてみた!塗り方のコツと色持ちについて解説

コロナウイルスの影響により、ヘアカットもセルフ、ヘアカラーもセルフを始めてみたので、今年に入ってから美容院1回しか行ってないのですがノンケミカルで地肌にも優しいLUSHのヘナカラー「カカ」を使ってみたので、使い方と感想を書いてみようと思います。
結論からいうと「仕上がりは気に入った!でも手間と時間がとにかくかかるから外出機会が少ない今がおすすめ!」です。


ラッシュのカカとは?

ラッシュが独自に製造しているヘナカラーのこと。ヘナはインドや中東由来の植物で、葉の粉末を水に溶いて髪・肌・爪の染色に使います。あのクレオパトラもヘナで爪を染めていたと言われているそう。
東南アジアにいた頃、ヒンドゥー教のお祭りDiwaliの時など、インド人に手にヘナタトゥーやってもらっていたのですが、あれと同じ染料で髪も染めることができるのか〜となんか納得。
ちなみにヘナタトゥーって↓こんな感じで繊細な模様と柄が大好きでした。数日かけてフェードアウトしていきます。

話は少し逸れましたが、自然由来の染料と言うことがわかりました。
ラッシュはこのヘナを輸入しているのではなく、材料を調達し、自製品として国内で生産しているそうです。こだわりを感じます。


カカブランの色味

元々すぐ色が抜けてオレンジになるのでなるべくオレンジ味が少ない色味がいいと店員さんに相談したところ、ブランを勧めてくれました。断面を見ていると、緑。カカルージュを見たら見るからに赤味が強めの色合いだったので、少しは使用前の色味と染め上げた色味に関係性はあるのかなぁと思いました。


用意するもの

とにかく用意するものが多いのがカカを使用した上での二大懸念点のうちの一つ。私が用意したのは…
・耐熱ボウル(お湯を注いでカカをペーストにしないといけないので)
・スプーン(ボウルもそうですがカカは匂いが強いので、一度カカに使うともうそれはカカ専用ボウルとスプーンにするしかありません…)
・汚れてもいいゴム手袋
・ケープ
・耳カバー
・ラップ(カカを浸透させるため)
・シャンプーハット
・汚れてもいいタオル2枚(作業中肩にかける用と最後に流した後に髪を拭く用。いくら流してもヘナは髪に残っているのでタオルに絶対につきます)
・新聞紙(床や洗面台を守るため)
・ヘアクリップ(ブロッキング用)


いざ塗る!

6つのブロックが固まって一つになっていて、髪の長さによって使うブロック数が変わります。私は鎖骨下10cmくらいの長さなのですが、念のため5ブロック使いました。
パッケージに書いてある通りのお湯を注ぎ、ペーストを作ります。なかなか溶けないので根気よく混ぜたり砕いたりしてペースト状に。
髪に塗っていく際は「泥を髪に被せる」イメージをした方がやりやすいです。世間一般の染髪料をイメージしていると痛い目を見るかも。私は見ました。浸透はしていかないので、中の方の生え際からしっかり確実に塗り残しがないようにした方が良いと思います。


地獄の色定着

やっと塗り終わったと思いきや…店員の方曰く、なんと推奨放置時間は8時間。。最低でも4〜5時間は放置してくださいとのこと。私は真面目なので(笑)きっちり8時間放置しました。まさにコロナ禍の今だからこそなせる技。時間はいくらでもあるのだから!
カカの薬草のようなきついハーブのような匂いが結構苦手だったので、8時間耐えるのは本当に大変でした…匂いが気にならない方ならそこまで苦じゃないかもしれないです。


洗い流します

8時間耐えてついにこの匂いから解放される…と思ったのですが。色をしっかり定着させたいならシャンプーはせずに水だけで流すのがおすすめとラッシュの公式サイトに書いてあるではありませんか。
シャワーで流したんですが、髪に泥がへばりついて匂いもガンガンするし、ちょっと無理だったので色は定着させたかったのですがどうしても無理で、シャンプーもしました。それでもタオルに色が着くわ着くわ…その後ドライヤーもして初めて、自分の髪の手触りの違いを実感したわけです…


染め上がりの感想と色持ち

ブリーチハイライトで痛んだ髪の色を落ち着かせつつ、指通りを良くしたかったのですが、カカブランはそれをやってのけてくれました。思ったよりオレンジ味は残りましたが、染める前よりはかなり落ち着いたのでOK。欲しかった艶も復活しましたし、色味も他にはない感じで気に入りました。
色持ちですが、私の場合は1ヶ月ほどで「あ、退色してきたなぁ」と気づきました。それまで艶も持続しましたし、髪にコシが出て守られているような感覚もありました。髪のダメージが気になる方にお勧めしたいです。

以上がカカブランで染めてみた感想です。
地肌に沁みたりしないですし、ナチュラルな原材料の染髪料なので安心して使えました。ただ放置時間が最低4〜5時間、推奨は8時間とのことなので、もし気になっている方がいたらあまり外に出られない今の時期にぜひ試して欲しいなと思います。(体質によっては合わない方もいる可能性があるので、安全のため使用前にパッチテストをされることをお勧めします。)