【レポート】東京のマレーシア大使館で無犯罪証明を取得

Cover Photo by Romain Dancre on Unsplash

現在、アメリカ市民の配偶者とししてグリーンカードを申請する手続きの真っ最中です。全体の申請については、全ての手続きが無事に終わったらまとめようと思いますが、今回は「無犯罪証明(=警察証明)」について書いておきたいと思います。

Civil documentsの必要書類の中に「16歳以降に1年以上居住した全ての国の警察証明を提出しなければならない」とあり、私は10代の時にマレーシアに数年間住んでいましたので、マレーシアの警察証明が必要でした。マレーシアの場合、警察証明はCertificate of Good Conduct (CGC)という名前です。

東京のマレーシア大使館で取得した際のスケジュールや手続きの内容について、シェアしたいと思います。他の方がブログに書いていてくださったものに大変救われましたので、私の経験もどなたかのためになればと思っております。
(注意:ここに記す内容は、あくまで私のケースでして、全ての申請者の方に共通するものではありません。各国の事情や世界情勢で申請方法やリードタイムはいつでも変わる可能性があります。申請の際は必ずご自身で大使館にご確認ください)


2021年12月末:E-Konsularでオンライン申請

まず最初に、マレーシア外務省のe-Konsularというシステムからオンライン申請を行いました。E-Konsularはマレー語か英語どちらか選べるので画面の左上で英語を選択するのを忘れずに。
アカウント作成し、ログインしたら左側のメニューからCertificate of Good ConductのNew applicationを選択し、必要事項を入力。パスポートのコピーしゃ証明写真データもアップロードする必要ありですのでご注意を。
入力完了し提出すると、”Acknowledgement for application for certificate of good conduct”というのが出てきます。これは後日、大使館に提出するので、保存して印刷しておきましょう。


2022年1月中旬:E-Konsularで申請状況を確認→PASSってなんや

E-Konsularのマイページで申請の状況が確認できます。本当なら、ステータスが”Ready to be collected”になったら大使館訪問の予約を取るという手筈だったのですが、私のステータスは”PASS”に変わっていました。
PASSの意味がわからなかったので、マレーシア大使館に電話してみました。電話交換台の方もわからないということで、メールして聞いてみた方がいいというアドバイスをいただき、電話後に大使館に直接メールで問い合わせました。何日間かメールのやりとりが続き、私の場合は受け取り申請しに大使館に来てください、ということになりました。


2022年1月末:大使館に電話でアポ取り

訪問のアポ取りは電話なので、また交換台に電話し予約を取りました。平日しか開いていないので予約枠は限られていますがキャンセルが出たらその都度電話をくださったので、割と直近の日時で予約させてもらえました。
大使館には2回行かないといけません。1回目は必要書類の提出と申請費用の支払い、2回目は完成した書類の受け取りです。1回目の予約はこの電話で予約し、2回目の予約は現地でスタッフの方と相談して決めました。


2022年2月上旬:大使館訪問①

事前にメールで大使館からもらった当日の必要書類のリスト:
・パスポート原本と、パスポートの写真ページのコピー1枚
・Acknowledgement for application for certificate of good conduct(申請を提出した時にe-konsularから出てきたやつを印刷)
・Collection Slip for certificate of good conduct (e-konsularから印刷)
・540円(20RMをその日のレートで日本円に換算した金額。現金で)

予約時間になるまでゲートを通れませんので、早く着きすぎないように注意。必要書類を窓口に提出し、完成した書類の受取日をその場で決めます。書類ができるのに1週間はかかるとのことで、、一週間後以降で予約。所要時間 10分くらいだったかな。


2022年2月中旬:大使館訪問②

前回決めた通りの日時で再訪。A4一枚の紙を受け取りました。



以上が私のCGC受け取りの大まかなスケジュールです。マレーシアなんでもっともっと時間がかかるのではと構えていましたが、2ヶ月足らずで発行してもらえて、迅速な対応に感謝です。

繰り返しになりますが、これはあくまで私のケースでして、全ての申請者の方に共通するものではありません。各国の事情や世界情勢で申請方法やリードタイムはいつでも変わる可能性があります。申請の際は必ずご自身で大使館にご確認ください。

1 Comment

  1. CR1ビザ 弁護士なし申請 タイムライン 2022 - Wedspink

    […] いよいよCivil documentの準備と提出です。私が必要だったのは以下の通りで、これは申請者の居住歴や結婚歴、お子さんの有無などいろいろな条件によって変わってきます。<IV fee>325ドルをクレジットカードで支払い<DS-260>NVCサイトで入力し、提出。アメリカへの渡航歴、仕事での海外への渡航歴なども聞かれました。特にアメリカへの入国の履歴は昔のパスポートのものであっても全てアメリカ側は把握しているので、嘘をつかずに正確に入力しました。<全申請者共通で提出が必要な書類>・Passport biographic page – パスポートの写真のページのスキャン・Photographs – サイズを確認後、証明写真の機械で撮影し、写真データと印刷された写真両方準備。(写真データはCivil documentとして提出し、印刷された写真は大使館での面接の際に窓口で提出するため)・Birth certificate – 戸籍抄本(役所で取得した戸籍抄本と翻訳したものを1つのPDFにし、提出。原本は面接で提出するので捨てないように)・Marriage certificate – 戸籍謄本(役所で取得した戸籍抄本と翻訳したものを1つのPDFにし、提出。原本は面接で提出するので捨てないように)・Police certificate (Japan) – 犯罪経歴証明書。県警で取得したものを開封せず、封筒のままスキャン。日本の犯罪経歴証明書は厳封されていないと無効なので、NVCにデータ提出の時点では未開封のままでOK。厳封された封筒を大使館の面接に持っていくようにしてください。<別途必要と言われたもの>・Police certificate (Malaysia) – 10代の頃マレーシアに住んでいたため。マレーシア大使館での無犯罪証明の取得はこちらの記事に詳しく書いております→東京のマレーシア大使館で無犯罪証明を取得・Exchange visitor documentation – 大学時代に1年だけJ1ビザでアメリカに滞在していたため、その時のビザのスキャン。実家に置いた古いパスポートにビザが貼ってあったので、見つけるのが大変でした。ここで留意しておきたいのは、NVCのサイトでウェブで提出した書類の原本を、アメリカ大使館での面接の際に提出することになるということです。書類は全てまとめて保管し、面接を待ちましょう。 […]

Comments are closed.