Life

元Googleエンジニアの彼から学んだシリコンバレーの価値観


お久しぶりです。
今日は元Googleエンジニアである私の彼から学んだシリコンバレーの価値観について書こうと思います。

私の彼は日本人ですが、幼少期からシリコンバレーで育ちました。幼少の頃から比べると、現在のシリコンバレーはTechカンパニーが台頭し、住む環境も人も様変わりしたようですが、そんな本人もGoogleのエンジニアとして働きながら起業し今は自分の会社一本でやっています。

そんな彼と一緒にいると価値観の違いから衝突もありますが、色々学ぶことが多いです。そして何より自分の存在や考え方を改めて見つめなおすきっかけをくれました。
そこで、「シリコンバレー式○○」ってもう流行ってないよなと思いつつも、あえてシリコンバレー式価値観についてご紹介します。


1. すさまじい健康志向

アメリカ=巨漢が多いというイメージを持っている方、もしかするといるかもしれません。アメリカは大きな国です。また、州によっても本当に文化が違い(一つの州が日本の国土ほどあったりするので、当たり前ですね)中部の州など田舎になればなるほど肥満の多い傾向にあります。
しかしシリコンバレーの人たちは、日本人が創造するアメリカ人とは一線を画す、すさまじい健康志向を持っています。下手すると日本人より健康に気を使っているようにも思います。

・ヨガやZUMBAなどのフィットネスは当たり前。老若男女ジムに通う。
・ハイキングなどのアウトドアアクティビティーをMetupで開催すれば参加者が殺到。ハイキングコースをジャック
・台湾デザートチェーンのMeetfreshはアイスクリームなどのデザートよりは健康的というイメージを売りに、連日長蛇の列(タピオカ使ってるメニューがほとんどだし、本当は大して健康的ではない。笑)

積極的に身体を動かすためにお金を払ってクラスやアクティビティーに参加したり、健康にいいと聞いた食べ物はとにかく試します。日本では毎日よく歩くのでわざわざお金払って運動しに行く人って健康目的よりも減量やボディーメイク目的が多いと思いますし、タピオカブームなどからもわかるように、爆発的人気を得る食べ物というのはいしさや見た目重視で、健康に良いかどうかはそこまで重要視されていないように思います。

自分自身、自分の身体を資本と考え、健康に暮らすために投資するお金は厭わない。それがシリコンバレーの価値観だなと思いました。

2. 見た目で見栄を張らない

シリコンバレーは金持ちの街です。
Techカンパニーの台頭で、優秀な人材と中国から逃げてくる中国人富裕層の大量流入で、地価も物価も上昇しました。

治安の良い場所、悪い場所等の条件で多少変わってきますが、極端な例を挙げるとAppleの本社があるクパチーノという街で1ベッドルームのアパートを借りるのに月の家賃30万円とかするんですよ。
20年前に一軒家を数千万円で買った人たちが1~3億円くらいで売り飛ばして一攫千金しているんです。(それを一括で買っちゃうのが中国からきた中国人w)

そして日本では年収1,000万円あれば高所得と判定されますが、シリコンバレーではそれ、ザ・普通。警察官でもそれくらいもらってます。なぜなら、それくらいもらわないと、生活できないから。

というわけで、
・Googleなど大企業で働いてる人(シリコンバレーで暮らすには十分な給料をもらっている)
・起業して大成功した人
・大昔からシリコンバレーにい住んでいて、家の価値が高騰し、儲かった人
・中国から移住してきたレベル違いの金持ち政府関係者
などなど日本の平均とはレベルの違う裕福な人たちがうじゃうじゃいるんですね。

しかし、街中を歩いていると「うわこの人金持ちそう…」と思うことはほとんどないです。日本で麻布十番とか歩いてるといかにも金持ちそうなマダムとかたくさんいてヒーさすが麻布だわぁとか思うんですけどね、シリコンバレーではそれ感じないです。

シリコンバレーでは、お金持ちは見た目では判断できません。(たまに中国から引っ越してきたばかりの人はトンデモナイ額のブランドバッグを持ってたりする)

ファッションは楽さや機能性を求め、無駄に着飾ったりする人は少ないです

私は日本の中流階級なので、見栄を張るお金お持ち合わせていないですが、彼もシリコンバレーの人たちも着飾ることにお金と時間を費やさず、他のことに使っているのを見て、私が今までいかに自分の外見ばかりに気をとられていたのか、気づきました。
異本のTV番組では男性タレントや芸人が女性タレントや一般女性にまでも「ブスは黙れ」やら「ブスは生きる価値ない」などの言葉を浴びせかけ、異性にモテるにはどうしたらいいか?の特集が雑誌で組まれるような環境で育ってきたら当たり前かもしれませんが、もっと本質的なところに目を向けることができるようになるといいと思いますね。



以上、私が彼から学んだシリコンバレーの価値観でした。