アリアナ・グランデも新曲MVに使用!映画ミーンガールズのすごさを力説

みなさん!アリアナ・グランデの新曲MV見ましたか?

2000年代って女子向けの映画が豊作だった時代なんですけど、その名シーンが多数再現されています!中でも最も尺が長いのがミーンガールズです!

 

実は私、このブログ名にミーンガールズのセリフを使うほどとにかくこの映画大好きなんで

見たことない方も多いだろうし、見たことあってもすごさがイマイチ分からない方もいらっしゃると思うので、今日はミーン・ガールズ信者の私がこの映画のすごさを徹底解説しますよ!!

 

かわいい女の子が可愛い服着て出てくるただのキューティー映画だと思ってる方がいたら!この記事を読んでその先入観を取っ払っていただきます!!

 

基本情報

原題: Mean Girls

公開: 2004年

原作: Queen Bees and Wannabes

主演: Lindsay Lohan, Rachel McAdams, Amanda Seyfried, Tina Fey

あらすじ: 動物学者の両親を持つケイディは、ずっとアフリカで暮らしていたが、16歳になってアメリカのシカゴ郊外に引っ越してきた。新しい環境に馴染めるかと心配する両親をよそに楽天的なケイディだったが、いざ学校に行ってみると、そこは細かいルールが幅を利かす世界だった。すぐにジャニスとダミアンという友人が出来るも、ケイディは戸惑うばかり。そんなある時、同級生レジーナをクイーンとする人気グループ”Plastics”に気に入られる。(Wikipediaより)

 

Netflixでは「カルト的人気」というタグを貼られています。そしてなんと今年ブロードウェイミュージカルでミュージカル化もされました。2004年に公開された映画がカルト的人気のあまりミュージカルにまでなったわけです!

以下にミーンガールズのすごさを挙げていきます!

 

 

1. 歴史に残る名セリフの数々

もうとにかく名セリフがすごいんです。名セリフと言っても、心に響く系ではなく(笑)日常で使いたくなるものがたくさん。多すぎて選べないんですが泣く泣く抜粋して紹介します!

① So fetch

Plasticsという学校で一番権力があって目立つグループの一員・グレッチェンが流行らせようと頑張って使っている言葉(笑)意味不明すぎてみんなに「なにそれ」と冷たく突っ込まれると「イギリスのスラング」とかテキトーなこと言うんです。そのテキトーさとか痛さを司るSo fetchはこの映画の代表的な言い回しとして最も有名と言っても過言ではありません!

 

View this post on Instagram

 

MEAN GIRLSさん(@meangirlsquotes)がシェアした投稿

② Get in loser

これを意訳すると「買い物行くから早く乗りなよ!」なんですが。。これをGet in loserで片付けるのはさすが女王レジーナです。

 

View this post on Instagram

 

Mean Girlsさん(@meangirls)がシェアした投稿

③ On Wednesday we wear pink

Plasticsの一員で一番頭が悪いというカレンのセリフ。レジーナ主人公ケイディーをグループに入れると決めて、さっそくそのグループのルールをカレンが教えてあげているシーン。水曜はピンクの日として私もなんとなく水曜になるとピンク着る日が多いです(笑)

 

View this post on Instagram

 

MEAN GIRLSさん(@meangirlsquotes)がシェアした投稿

 

 

2. いたるところでパロられる

ミーンガールズをパロると漏れなく傑作になるという方程式があります(笑)

たとえばこれ。映画の中に”burn book” という学校中の人の噂とか悪口をPlasticsが書き溜めているデスノート的なものが出てきて、これが騒動の発端になって物語が進んでいきます。昨年のアメリカ大統領選挙の際、トランプを気に入らない人が作ったアンチトランプポスターです。もうよく出来すぎていて感心を超えて尊敬するレベルです。当時一瞬にして拡散されてました!

 

View this post on Instagram

 

MEAN GIRLSさん(@meangirlsquotes)がシェアした投稿

 

 

3. 出演者が超出世

主演のLindsay Lohanは子役から活躍しておりハリウッドの法則により道を外してしまいましたが…脇を固めた共演者が超出世してます!

まず、学校の女王であるレジーナを演じた Rachel McAdams は、今は実力派女優となり数々の大作に出演しています。

ちなみにオーディションでレイチェルは主役のケイディーを、リンジーローハンは女王レジーナ役を狙っていたそう。子役出身ですでに有名だったリンジーはイメージもあり、いい子の主演を獲得。レイチェルはリンジーより8歳年上で、当時20代で高校生役を演じましたが、レジーナは同年代よりも早熟で大人っぽいので、役にぴったりはまったそうです。

レジーナは意地悪な役ですが、どこか憎めないカリスマ性と気品を併せ持つ魅力的なキャラクターです。

 

View this post on Instagram

 

The Notebook Officialさん(@the_notebook)がシェアした投稿

 

お馬鹿なカレンを演じたアマンダの飛躍は物凄いです!彼女の記念すべき初映画出演はこのミーンガールズ。とにかくなんでもいいから役が欲しかったとのこと(笑)

この後彼女はレ・ミゼラブルに出演。マンマミーア!ではあのメリル・ストリープと共演。歌声も評価されています。

 

View this post on Instagram

 

Amanda Seyfriedさん(@mingey)がシェアした投稿

 

最後に

ミーンガールズは、一見するとかわいい白人の若い女の子たちがピンクを着て出てきて、キラキラした学生生活を送る映画に見えてしまうかもしれません。

しかし根底にあるメッセージには、友情・信頼・報復・崩壊・和解・許す心…人生における大事なキーワードがたくさん詰まっています。一度、色メガネをとってこの映画を観るとそうしたメッセージに気がつくかも!

そしてこの映画のいいところは、全然説教くさくないところ。強烈な個性を発するPlasticsたちとそれに振り回される主人公たちがとにかく笑えるので、なぜこの映画がカルト的人気なのか、ぜひ観て理解していただけたらとても嬉しいです!

 

こちらの記事もおすすめ

超おすすめアメリカコスメ通販 Beautylishを使ってみた

【お土産にも】Trader Joe’s おすすめコスメ2018

【メイクの新習慣 セッティングスプレー】ローズウォーターがおすすめ

アメリカでTargetに行ったらメイクブラシ

読んでよかったアラサー女性におすすめの自己啓発本

真剣な出会いがあったのでおススメする外国人利用者多数のマッチングアプリ

アジア系アメリ人映画 Search/サーチが面白すぎたので紹介する

映画クレイジーリッチ!をやっと見たので感想を述べる

日米ハーフ女優キミコ・グレンが大好きなので徹底的に紹介する